太陽生活MORE

日本の太陽光発電関連の業界団体である一般社団法人 太陽光発電協会(Japan Photovoltaic Energy Association:JPEA)が、平成21年度(2009年度)第4四半期(2010年1月~3月)、ならびに平成21年度通年(2009年4月~2010年3月)の太陽電池モジュールの出荷量の調査結果を発表しました。これは、調査対象22社にアンケートを行い、太陽電池モジュールの出荷量(国内市場向け出荷量と輸出量)を調査したものです。この22社には、シャープや京セラ、三洋電機といった主要国内メーカーのほか、輸入品を国内市場向けに販売しているサンテックパワージャパンなど、日本国内で太陽電池モジュールを製造・販売しているほとんどの企業が含まれています。ここでは、この調査結果から主に国内市場向けの出荷動向を見ていきます。 

2009年度第4四半期(2010年1月~3月)の国内市場の出荷動向

調査によれば、2009年度(平成21年度)第4四半期の国内市場向けの出荷量は212MW(21万2435kW)で、対前年同期比の約3倍と大幅に増加したことがわかりました。このうち住宅用が170MW(16万9980kW)と、出荷構成比で80.0%を占めており、対前年同期比も約3倍でした。いうまでもなく、急伸の背景には、2009年度に国からの補助金が復活したこと、2009年11月からは売電価格が2倍になったことが挙げられます。 

2009年度第四半期 国内出荷の内訳

2009年度第四半期 国内出荷の内訳

 

四半期単位の住宅向け国内出荷量を過去からグラフにしてみると、2009年度がどれだけ急増したのかよくわかります。

第四半期ごとの国内住宅向け出荷量推移

第四半期ごとの国内住宅向け出荷量推移

 

実際、国の補助金の受付業務を行っている太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が公開している2009年度の国の補助金申請の受理件数を見ても、2009年7月以降は毎月1万件以上、2010年3月には駆け込み申請もあったのか約2万5000件に達しています。

2009年4月 2989
5月 6770
6月 9214
7月 11411
8月 10690
9月 11419
10月 14825
11月 14339
12月 14204
2010年1月 12812
2月 10940
3月 24988

2009年度の補助金申請の受理件数 

受理件数(太陽光発電の設置件数)の増加傾向は、2010年度も引き続いており、2010年度の補助金受付が開始された2010年4月26日から2010年6月20日現在の申請受理件数は2万6000件を超えたということです。1カ月あたりの受理件数は、2009年度のそれと比較しても増加傾向にあることから、2010年度終了時点での太陽光発電モジュールの出荷量は、前年度からさらに伸びることが予想されます(→太陽光発電普及拡大センター 受理件数)。 

輸入製品が増える国内市場

調査結果には、国内生産品と輸入品の比較もあります。これによると、国内市場向けの総出荷量は、2009年度通年で前年比約2.6倍の623MWで、このうち輸入後に出荷された分(つまり輸入製品分)は70MWでした。これは国内総出荷量の約11%です。全体から見るとそれほど多くありませんが、輸入品の出荷量は前年比の約469倍と急増しており、急速に販売量を増やしていることがわかります。 

2009年度通年の国内市場向け(住宅用以外も含む)の国内生産品と輸入品の出荷量

2009年度通年の国内市場向け(住宅用以外も含む)の国内生産品と輸入品の出荷量

 

これまで太陽電池モジュールというと、日本メーカーが開発を先導してきたこともあり、歴史的に国内向けでは日本製の製品が主流でした。しかしサンテックパワー(中国)の日本子会社であるサンテックパワージャパンが、ヤマダ電機と提携し、本格的に国内市場での販売を開始するなど、輸入製品を販売するところも増えてきています。カナディアン・ソーラー(カナダ)やトリナ・ソーラー(中国)など、世界市場において太陽光発電モジュールの出荷量がトップ10に入るメーカーの国内市場への参入も予定されています。このことからも輸入製品の比率は、今後とも伸びることが予想されます。 

海外メーカーの国内市場参入により、太陽光発電モジュールの選択肢が増えるとともに、競争による低価格化も期待できるでしょう。安価になるのはうれしいことですが、太陽電池は20年以上と長く使うものですから、品質やサポート、保証などの点には十分注意して製品を選びましょう。 

 


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/daprj04/taiyoseikatsu.com/public_html/blog/da-wp/wp-content/themes/sunlifeblog/index.php on line 125
memo

コメントする

投稿いただいたコメントは、編集部で内容を確認してから公開されます。
投稿のガイドラインについては、コメントの公開ポリシーをご覧ください。